NEWS

【手錢記念館】「茶の湯の金物-かなもの-」開催中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不昧公200年祭の記念企画展も開催していた手錢記念館では、平成31年1月9日(水)から3月10日(日)まで「茶の湯の金物-かなもの-」展を開催中です。

 

この機会にぜひご覧ください。

茶の湯の金物-かなもの-

◆期間 平成31年1月9日(水)から平成31年3月10日(日)

◆場所 手錢記念館(島根県出雲市大社町杵築西2450-1

◆内容

茶の湯で用いられる金物(金属製の道具)にスポットを当て、釜、釜を持ち上げる時に必要な鐶(かん)、茶事の開始を知らせる銅鑼(どら)、建水(けんすい)、火箸、煙管(きせる)、灰の扱うための灰さじ、懐石で用いる銚子(ちょうし)など計63点が展示されています。

展示品の詳細などは手錢記念館ホームページをご覧ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加