茶会情報

不昧公200年祭 記念事業

アイコン

アイコン菅田庵竣工披露茶会

茶碗 イメージ

菅田庵は、1792(寛政4)年に不昧公の指図により、
松江藩の家老であった有澤家の山荘内に建設された茶室です。
菅田庵の隣接地には、不昧の弟である為楽庵雪川好みの茶室「向月亭(こうげつてい)」が立ち、菅田庵、向月亭と御風呂屋(おふろや)は国の重要文化財の指定を受けています。

日 程 11月頃開催
※7月末頃に詳細をお知らせします。

アイコンその他の茶会

この地には、不昧公から続く茶の湯文化が今でも脈々と息づき、歴史と伝統を受け継ぐ各流派の皆さんは活発な活動を続けられています。
一般の方が参加できる気軽なお茶会もさかんに開催されています。

日 時会 場金 額そ の 他