不昧公について

不昧公について

アイコン松平不昧公とは

松平不昧公(月照寺蔵)
湯呑・茶碗

松平治郷(不昧公) 1751年~1818年

歴代の松江藩主の中で、松江藩中興の祖とされるのが、大名茶人として名高い松江松平藩7代藩主の松平治郷(1751~1818年)です。
「不昧公」の名で今も多くの人に親しまれていますが、これは1806年の隠居後に剃髪して名乗った号「不昧」からきています。
 藩主となった当時の松江藩は財政難でした。治郷の父・宗衍(むねのぶ)は財政改革を推し進めましたが、度重なる天災、幕府から命じられた社寺改修といった出費のため成果は上がらず、1767年に数え年17歳だった治郷に後を託して隠居しました。
 治郷は家老に朝日丹波郷保を起用し、「御立派(おたては)の改革」と呼ばれる財政再建策を進めさせました。藩内での借金を棒引きにするなどの債務整理や、藩の人員体制見直しといった歳出削減に大なたを振るいながら、薬用人参や櫨蝋(はぜろう)の栽培をはじめとする産業振興策で収入増を図り、藩の財政を立て直したのです。
 その一方で治郷は、十代のころから茶の湯や禅学を熱心に学びました。大名茶として知られる石州流を基本としながら、三斎流など他の流派にも接して自らの茶道観を確立しました。これが不昧流として今も伝わっています。
著書「贅言」は、茶の湯への執心を諌めた家老朝日丹波への反論で、形式や道具にこだわる当時の町人たちの茶の湯を批判し、わびの精神を説きました。藩財政立て直しの後は、当時の大名家などから市中に散逸する茶道具の収集・保存に力を注ぎました。その収集品はのちに「雲州名物」と呼ばれ、茶の湯や美術の愛好家から高い評価を受けています。茶の湯の歴史における治郷の大きな功績は、それまで単に「名物」と呼ばれていた茶道具の名器をさらに細かく「宝物」「大名物」「中興名物」などと分類し、18巻にも及ぶ著書「古今名物類聚」にまとめたことです。
また、松江藩内で美術工芸の振興も図り、陶芸や漆芸、木工芸の世界で多くの名工を育てました。
 このような確かな審美眼による不昧公の活動は、近代の茶人たちにとって一つの目標とされ、日本茶道史上にその名を残しています。